38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

自分なりの基準を持ってコンタクトに臨む

婚活で出会う男女は、それまでは全く接点がないので初対面同士である。 その男女が1時間程度の短い時間でお互いの人間性を評価しなければならない。 評価をするのは簡単ではない、行うための準備としてインプット情報と判断基準が必要だ。今回はこれについて…

コンタクトで外見に気を使うのはいろはのい

婚活でお相手と初めてお会いするときの服装は重要だ。 ビシッと決めすぎてしまうと、2回目以降が大変だし、ラフすぎると真剣さが無いように思われてしまう。 コンタクトの服装の丁度良いラインを狙うのは、オシャレには疎い男子にはなかなか難しい。 自分の…

カフェを制するものが婚活を制す2

婚活のコンタクトでカフェを利用する場合の注意点としては、お店の選択肢を複数持った方が良い。 その方が、最初のお店が一杯で入れない場合に精神的に動揺をすることなく、スムーズに次の選択肢へ移ることができる。 また、土地勘のある場所と、ない場所で…

カフェを制するものがコンタクトを制す1

今回からは自分が婚活していく中で身につけていったことをについて書いていく。 書いていくといっても、恋愛のプロではない自分が書けることは初歩的なことしかない。 しかしながら、たがが初歩だが、されど初歩である。これを身につけていたからこそ、コン…

【エピローグ】1年間で活動を終了させました

38歳の間に結婚相手を見つける。そう決意することで、自らを奮い立たして婚活市場に再度出撃した。 当初は友達関係である交際成立が相次いだので、上手くいくかと思ったが、そこから次のステップへなかなか進むことはできなかった。 活動開始から約5ヶ月が経…

ラブストーリーは突然に

弘美さんと真由美さんとの関係に悶々としていたときに、都内のホテルで一人の方とコンタクトを行った。 この方とは話しやすく、コンタクトはいつも以上に満足できる時間だった。 交際成立後に数回会っていくと、これまで会ってきた人とは違い、話しやすく、…

ラブファントム12

婚活で交際中の弘美さんと真由美さん。いつかはどちらにするかを決めなくてはいけない。何が決め手になるのかも、いまのところは分かっていない。 本日は会社帰りに真由美さんと食事に行った。 お互いの地元の駅が近いこともあり、休日だけでなく、会社帰り…

ラブファントム11

交際中の弘美さんと東京大神宮へ初詣に行くことにした。 待ち合わせは神社の最寄駅。 彼女とはこれまで数回会ったが、正直言ってまだ打ち解けられているとは思えない。何かしらの壁を感じてしまう。今回こそは、この壁を打ち破りたい。 待ち合わせ時間に弘美…

ラブファントム10

新年を迎えた。 昨年の6月に次の39歳の誕生日を迎えるまでに結婚相手を見つけると誓って再度活動を開始した。 そして、見つからない場合は結婚を諦める決意をしていた。 それから半年が過ぎたが、本格的に交際している相手は見つからない。いろいろな人とコ…

ラブファントム9

「今年の汚れ、今年の内に」かつて、12月の大掃除の時期にこんな感じの掃除用品のコマーシャルが流れていたことを憶えている。 婚活も今年の内に進められるところは進めておきたい。 年末も押し迫り、新年が迫っていた30日に真由美さんとはランチデートをす…

ラブファントム8

真由美さんとのコンタクトの翌日にコンシェルジュから交際成立の連絡があった。 彼女との出会いがかなり良かったので、コンシェルジュに返信メールで現在の状況と気持ちを報告しておいた。 コンシェルジュからその先へどの様に伝わっているのかは正直言って…

ラブファントム7

寝坊して初めてファーストコンタクトに遅刻してしまった。 幸いなことに、お相手と連絡が取ることができ、待っていただけるとの回答をしてもらえたら。本当に申し訳ない。 本日のお相手は真由美さん(35)WEB関係のお仕事をされている方だ。 真由香さんとの…

ラブファントム6

所属している結婚相談所では並行して交際することが認められている。 弘美さんとの関係が良好だが、同時並行で引き続きコンタクトは続いていた。 紹介人数の増加とプロフィールを一覧に掲載したことでコンタクト回数はかなり増えていた。 この日も午後にコン…

ラブファントム5

弘美さんとの2回目のデートは良好のまま終了した。次回の約束もしているので、前途は明るい。 所属している結婚相談所では、ときおりコンシェルジュへ進捗を報告しているので、弘美さんとの状況と自分の気持ちを伝えるとともに、できれば真剣交際へ進みたい…

ラブファントム4

結婚相談所を介して交際が成立した弘美さんとの2回目のデート。 映画鑑賞の後にイタリアンレストランへ移動した。 このレストランは店内に石窯が設置してあり、ピザが美味しいとの評判だったので、早速、数品のオードブルとピザを注文した。 評判どおりの料…

ラブファントム3

ファーストコンタクトをした弘美さんとの交際が成立した。 久しぶりに好印象な人と交際成立することができた。この関係を大切にしたい。 弘美さんはクリスマス時期が繁忙期の仕事をされているとのことだったので、12月初めの忙しくなる前にご飯を食べる約束…

ラブファントム2

コンシェルジュからの紹介人数を増やしたので、コンタクトする回数がこれまで以上に増えた。 それにより、週末は婚活一色になってしまうため、かなり大変だが、人生において、頑張る時期も必要だと思って頑張ってみた。 コンタクトを増やしたことで、早速効…

ラブファントム1

収穫の秋のシーズンも終わり、婚活の進展がないままの11月に入り、冬を迎えようとしていた。 春華さんとの関係が終わってからも継続してコンタクトは行ったが、交際成立までは進んでも、その先へ進むことはなかった。 このような調子で本当に成婚できるのだ…

ラブ・ジェネレーション5

同年代は恋愛対象には見えず、年上を希望する春華さん。これは、自分にも大いにチャンスがありそうだ。 今回の3回目のデートは前回とは少し違い、近況だけでなく、お互いの家族のことなど踏み込んだ部分まで話すことができた。 春華さんとは一緒にいてある程…

ラブ・ジェネレーション4

春華さんとの3回目のデートが決まった。今度は彼女の地元の付近でご飯を食べようということになった。 ここで、ひとつ気がかりなことがある。彼女は本当に9歳の年齢差を気にしないのだろうか。今回はこの点を改めて確認したい。 夕方に駅で待ち合わせること…

ラブ・ジェネレーション3

春華さんとのイタリアンデート。無事に彼女をお店へとエスコートをすることができた。 このお店は駅からは少し歩くが、某サイトで美味しいと評判のため予約をしないと、なかなか入れないそうだ。今回は事前に予約したため、なんとか入ることができた。 早速…

ラブ・ジェネレーション2

翌日にコンシェルジュから前回コンタクトした春華さんとの交際が成立したとの連絡があった。 やったー!!交際成立が嬉しくて小躍りしてしまう。 その反面、彼女との9歳という年齢差が障害にならないのかどうかが心配だ。 お互いの希望条件が合致したからこ…

ラブ・ジェネレーション1

結婚相談所を使用しての婚活を始めてから4ヶ月経過したが順調ではない。 現時点で交際段階がいないという悲劇の状態だ。 このままでは駄目だと思い、確率を増やすためにコンシェルジュに連絡して紹介人数を増やしてもらうことにした。 今回、コンタクトする…

タイムリミット9ヶ月 崖っぷち婚活4

婚活がなかなか上手くいかない。コンタクトをして交際したとしても、それ以上の関係になるのが難しい。 今回のお相手はのんさん(34)音楽関係の仕事をされているそうだ。 のんさんとも地元駅のデパートの前で待ち合わせをした。 デパートの前で待ち合わせて…

タイムリミット9ヶ月 崖っぷち婚活3

最近のファーストコンタクトは、なかなか上手くいかない。 ネット情報などによると、結婚相談所に入会した初期の方が紹介される人のスペックが高い(むしろ後になると駒がなくなる)ということが書いてあったりする。 初期の方が希望条件に合致する人が多い…

タイムリミット9ヶ月 崖っぷち婚活2

1年での成婚退会を目指すには、直近の3ヶ月で相手を見つけないといけない。 手持ちの交際相手のカードが無くなってしまったので、仕切り直して婚活に取り組んでいる。 前回お会いした夏希さんからは、見事に「YES」回答をもらい、交際成立することができた。…

タイムリミット9ヶ月 崖っぷち婚活1

活動始めてから3ヶ月が経過した。すべての人と交際が打ち切りになってしまったので、振り出しに戻ってしまった。 1年での成婚退会を目指しているので逆算してみる。交際に3ヶ月、真剣交際に3ヶ月掛かったとすると、相手を探すには3ヶ月しか残っていない。 そ…

イニシエーション・ラブ

婚活に限らず、恋愛の一般的に言えることだが、誰かとお付き合いをするということは、一人一人の経験、感情を単純に足すだけでなく、掛け算で何倍にも何百倍にもなることである かつて、自分が誰とも付き合ったことがない頃、女性と付き合うのは楽しいのだろ…

本好き彼女と葛藤の間で7

一回り年下の知佳さんとの読書デート。 彼女の中で自分が恋愛対象なのかどうかを確認しなければいけない。 しかしながら、ふたりで会っていると非常に楽しいので、この関係を壊したくないという想いもある。 確かめてはっきりさせたい気持ちと、このままの関…

本好き彼女と葛藤の間で6

年齢が一回り下の知佳さんとのはなし。彼女が年齢差を気にするかどうかの答えが出ていなかったので、改めてデートをして確認することにした。 今回のデートは彼女が好きな本に関する内容にした。 待ち合わせは、都内にある読書カフェ。店内にはたくさんの本…