38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

初紹介&初ファーストコンタクト1

初ものづくしのタイトルにしてしまったが、パートーナエージェントでの活動が始まった。

パートーナエージェントでは毎週水曜日に紹介状が配信される(厳密には第1週〜4週目の水曜日に配信され、第5週目の配信は無い)

水曜日になると、初めての配信だったので、期待と不安で仕事があまり手につかなかった(笑)

どんな人が紹介されるのだろうかと思いながら、夕方にWEBサイトにログインしてみると、新着情報の部分に紹介の通知が出ていた。

後々、何回か紹介状の配信を経験して分かったのだが、だいたい水曜日の18〜19時ぐらいに連絡が来るようだ。

期待に胸を膨らませながら紹介状を見てみると、な、なんと8名も紹介してくれていた。
コンシェルジュさん、ありがとう!!

いままで、1人と連絡先を交換するのにも費用と時間を掛けていたのに、いきなり8名とは驚いた。もっと早くパートナーエージェントで活動を開始していればと思ったぐらいだ。

8名のプロフィールを詳しく見てみると、8名のうち6名は紹介で、2名がオファー紹介だった。

パートーナエージェントでの紹介には、普通の紹介とオファー紹介という二種類がある。

普通の紹介は自分が希望している条件に合致している相手のことである。条件面ではクリアしているので、他の要素で会うかどうかの判断をすることになる。

オファー紹介は自分が希望している条件に合致していない人である。条件には合ってないが、コンシェルジュが自分に合いそうな人を選んでくれているそうだ。おそらく、条件が合わないというだけで、見過ごしてしまわないように、そのような方も紹介してくれているようだ。

オファー紹介の多くは年齢や学歴の部分で条件に合ってないことが多かった。後は、その部分をどこまで許容できるかは自分次第というわけだ。

今回の婚活の自分のスタンスとしては、積極的に会っていく方針なので、条件に合致している6名の紹介に対して「YES」回答した。そして、オファー紹介の2名は、初回は希望条件に合う人にしようと思い、お断りにした。