38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

セカンドコンタクト1

ファーストコンタクトのラッシュは依然として続いているが、交際成立した方との付き合いも同時並行で始まった。

 

前回のファーストコンタクトでお会いした詩織さんからは数日後に「YES」回答があったとコンシェルジュから連絡があった。

コンシェルジュからのそのメールを見た瞬間、「やったー!!」という言葉とともに、心の中でガッツポーズをしてしまった。

早速、開示された連絡先にメールを送って2回目の約束を取り付けた。

 

パートーナエージェントではファーストコンタクトでお互いに「YES」回答をすると交際成立となる。

この交際は一般で言われている恋人の関係ではなく、知り合いになった程度の段階である。交際期間は最大で3ヶ月あり、その間に真剣に交際を進めるかどうかを決めないといけない。

これまでに交際が成立したうららさんと、薫子さん、詩織さんとは、今後はデートを重ねていかないといけない。

それと並行して、ファーストコンタクトも1日2人ペースで予定が入っているので、ものすごくハードである。

「これが婚活疲れというやつか」
ものすごく大変だけど、自分の未来を決めるために活動していることなので充実感はある。

 

そして、交際成立後に日々、メールでやりとりしていたうららさんとご飯に行くことになった。

なるべく女性受けが良い料理を選ぼうと思い、エスニックな料理を扱う店を選んだ。

 

当日は18時に初回にお会いした駅で待ち合わせをした。

2人とも2回目ということもあり、初回よりは緊張が解けた状態で会えた。

そして、ご飯を食べながら、最近の仕事の話や共通の趣味である読書について話しながら2時間ほど一緒に過ごした。

うららさんとは、ある程度話も合うし、会話はできている。おそらく、ある程度、彼女も楽しんでくれたと思う。

しかしながら、自分の中では詩織さんの時の様な盛り上がるものが感じられない。年齢差が少しあるので、恋人というより妹みたいなイメージになってしまう自分がいる。

この感情のままで、今後、二人の関係性に発展があるのだろうかと思いながら家路へ着いた。