38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

セカンドコンタクト2

パートーナエージェントで交際成立した方との2回目の待ち合わせ。本日は先日に交際が成立した薫子さんだ。

初めて交際が成立したうららさんとは、そのままの関係にしている。彼女とも連絡を取りながら既存と新規の開拓をしていこうと思う(なんだか営業みたいで、すみません)

薫子さんとの待ち合わせは、同じ日にファーストコンタクトを2件行った後だった。

さすがに3人目となると、正直言って疲労感はある。

前回と同じ場所で待ち合わせをして、イタリア系のお店に入った。

お店に入り、料理とお酒を飲みながら、初回の時の様にサッカーの話や歴史の話で雰囲気は盛り上がった。

2回目に会うときは、どの様な話をするのが一般的なのかが、よく分からない。

雰囲気作りに努めれば良いのか、それとも、今後に向けて踏み込んでいったほうが良いのか。

うららさんの時は雰囲気作りで終了してしまった。そのため、結婚に関する考え方とか、気持ちについては分からなかった。

今回は少し変えてみようと思い、結婚に対する考え方を会話の途中に差し込んで探ってみた。

その結果、結婚願望はあるけど、1年ぐらいのうちにという感じでもなさそうだ。彼女はまだ31歳なので、もう少し時間を掛けたいと思っているのかもしれない。

自分は、正直いって、年齢も年齢なので早めに結婚したい。この点で折り合う人を見つけないといけないのかもしれない。

美味しい食事とお酒のおかげで、セカンドコンタクトの雰囲気は良かった。しかしながら、彼女とは恋愛というよりも友達みたいなイメージしか抱けなかった。

結論としては、今後、薫子さんと発展的な関係は築けないと思う。だから、交際中止を選択した。

そして、妹の様にしか思えなかったうららさんとの関係も終わりにすることにした。

これには、かなりの葛藤があった。ここで関係を終わらせてしまうと二度と会うことはできない。

もしかすると、自分はものすごく馬鹿なことをしているのかもしれない。しかしながら、自分が納得する相手と一緒になりたいという気持ちが強かったので、終了を選択した。

いま考えると、3ヶ月の交際期間があるので、もっと引き伸ばしても良かったかなと思う。ただ、いたずらに時間をかけるのはお互いにとってプラスではないので、次へ進むことにした。