38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

タイムリミット婚活2

鈴香さんとのファーストコンタクトが終了し、交際が成立した。

2回目という事で、今度は食事へ誘ってみた。場所は都内のイタリアン料理。

このお店はパートーナーエージェントの婚活だけでなく、以前から女性と会う際に重宝させてもらっている場所だ。

予約しなくても入れるし、料理も美味しく、席によっては景色も良いというのが活用する理由だ。

鈴香さんとは、土曜日の夜に待ち合わせをしてお店へ向かった。

前回と今回の間で彼女は旅行へ行ったらしく、お土産をもらった。

こんな感じで自分に対して特別な計らいをしてもらうと、一気に好感度は上がってしまう(自分は単純だなあ)

今回は料理を食べながら、鈴香さんが行ってきた旅行の話や、お互いの近況について報告し合った。

そして、一通り話が終わり、まったりしたムードになった時に鈴香さんが急に
「私、今月で退会する予定なので、もし、よろしかったら今月中に退会しませんか?」

鈴香さんの言葉に驚いた。あまりにも唐突な発言過ぎて、驚いた口がふさがらなかった。
「今月中に退会?」

まだ、世間一般でのお友達状態の「交際中」にも関わらず、今月中にパートーナーエージェントを二人で成婚退会しようという申し出だった。

ここまで自分を思っていてくれるのは嬉しいが、まだ期間が短いので彼女の人となりが分からない。

また、同時期に並行してファーストコンタクトもしているし、交際中の人もいる。とても今月中に決められるとは思えない。

この場で結論を出すべきではないと思ったので、「検討する」と言って、この場は切り抜けた。

彼女は本気で退会するつもりなのだろうか。
退会するなら、なぜ活動する?
そんな疑問に頭を支配されながら帰りの電車に乗った。