38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

趣味コン

夏休み企画ということで、今回からは毛色を変えてパートーナーエージェントに入る前の活動について書いてみる。

パートーナーエージェントに入る前は、婚活パーティーに行きまくっていた。大人数、少人数、アウトドアなどの様々な形式のパーティーに毎週のように参加していた。

婚活パーティーでの結果は伴わなかったが、そこで女性に対する接し方は学べたのではないかと思う。

自分には効果はなかったけど、面白かったパーティーを紹介しよう。

一つ目は趣味コン。
社会人サークルが開催していることが多いパーティー。婚活をメインというよりも、同じ趣味の人達が集まって楽しむ会だ。

個人的には、あわよくば女の子と知り合いになれるかなと、もしかしたら、恋愛対象になる人がいないかなと下心丸出しで申し込んでみた。

参加したのはプロ野球が好きな人達が集まるサークルの飲み会。

都内にある野球居酒屋が開催場所で、集合時間近くにお店へ行くと、店内は既に人でごった返していた。

テーブルが6個ぐらいあり、各テーブルに6名ぐらい座り総勢40人ぐらいの会だった。男女は半々ぐらいだったと思う。

ほぼ全員が贔屓チームのお気に入り選手のユニフォームを着ながら飲む不思議な光景だった。

乾杯が始まる前から、あちこちで野球談話が始まり、飲み会はものすごく盛り上がった。

自分も野球好きなので、同じ趣味の人達と飲みながら野球の話をして楽しかった。

交流を目的にしているため、男性陣が20分ぐらいごとにテーブルを移動していく形だった。そのため、いろいろな人と話すことができた。

しかしながら、肝心の婚活という点については、なかなか成果はなかった。

そもそも、女性陣は婚活に来ているわけでなく、楽しむために来ているようだった。

そのため、仲良くなるためには、これからかなりの時間をかけて交流をしていかないといけない感じであった。

まだ若ければいいけど、タイムリミットが迫っている自分にはこの状況は厳しい。そのため、数人とLINEを交換したが、次につなげることはなかった。

社会人サークルは友達から知り合いになったり、人脈作りには良いと思う。しかしながら、婚活に繋がるかと考えると、正直言って微妙。同じものが好きな仲間探し程度で考えた方が良いだろう。