38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

アウトドア系婚活パーティー

今回はアウトドア系婚活パーティーに参加したはなし。

アウトドア系といっても、山や海にガッツリと行くものではなく、観光地や街の史跡巡りをする内容がメインだ。

この系統の婚活は過去に彼女ができたことがあったので、個人的には相性が良いと思う。

また、普通の婚活パーティーとは違い、カップルにならなくても連絡先の交換ができることが多い。

そして、回によってはパーティー後に参加者で二次会を開催することもあるため、比較的、女性の方とお近づきになりやすい。

それでは、これまで参加したパーティーの中でいくつか紹介しよう。

街歩き

東京ならばレインボーブリッジなどの普段は歩かない場所へ行ったり、どこの街にでもある七福神巡りなどを行いながら仲良くなる婚活パーティー。

男女で二列に並んで順番に異性の方と話しながら歩く。景色についてのはなしで繋ぐことはできるので話題には事欠かないだろう。

ただし、二列になって歩いている集団になるため、他の人からは異様な光景になってしまう。その点だけは考慮した方が良いだろう。

観光地巡り

鎌倉や江ノ島などの近郊の観光地を巡る婚活パーティー。

時間ごとにグループを変えて話しながら回って行く。こちらは二列になって進むなどの制約はなかったので、傍目からも男女グループで観光地に来ているように見える。

観光地ならではの名所や絶景などがあるので、他の人と話しやすい。言うならば、中高の修学旅行のグループ行動みたいな感じだ。

イベント系

最後はイベント系の婚活パーティー。
花見、BBQなどの楽しみながら婚活するイベントだ。

食事やお酒を飲みながら話せるので、自然と男女問わず話が盛り上がることができる。

自分が過去に参加したのは、屋形船に乗って花見をするイベント。普段は見ることができない川からの桜並木は絶景で、大盛況だった。二次会も全員参加し、多くの方と連絡先を交換することができた。

 

このように、楽しみながら活動できる婚活パーティーもある。結婚相手を探す第一歩として、異性と知り合う機会として活用できるので結構おすすめだ。

ただ、参加者がどれぐらいの結婚願望があるのかが分からないので、すぐ結婚を望む人には向かない。長期的に恋愛して結婚したい人には有効である。