38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

初紹介&初ファーストコンタクト2

パートーナエージェントでの活動が始まった。

初回に配信された紹介状は8名という量に驚きながらも、6名に「YES」回答をした。女性側から同じく「YES」回答ならば、ファーストコンタクトというお見合いが成立する。

今回、初めての紹介状だったので、中身がどのようなものかを少し説明しよう。

紹介状には写真、コンシェルジュからの推薦文、最終学歴、職種、趣味、好きなもの、嫌いなもの、アンケート結果が記載されている。

コンシェルジュからの推薦文は、面談をした際の情報をもとに作られる。掲載前に自分の文章を確認したが、歯痒いぐらいにプラスなことが書いてあった。これらの情報をもとに、相手とお会いするかどうかを決める。

自分は今回の活動では積極的に会うことに決めていた。そのため、条件が合わないなどの、どうしてもNGな人以外はYES回答をすると決めていた。

紹介状に回答した水曜の夜から、徐々に女性からの回答が返ってきた。その結果、4名から「YES」回答をもらいファーストコンタクトが成立した。

ファーストコンタクトが成立すると、次は日時と場所を決めないといけない。

パートーナエージェントでは、システムが自動的に日時と場所を提案してくれる。場所は女性が事前に登録している駅が優先して反映されるようだ。

システムからの出される選択肢を選んで、相手側に提案する。

早速、ファーストコンタクトが決まった4名の方に日時と場所を提案してみた。

すると、提案した1時間後には1人の女性から回答があり、日時と場所が決定した。

来週の日曜日に地元の駅で初のファーストコンタクトだ。

相手のプロフィールを改めて見ると、29歳の薬剤師の方。アラフォーのおじさんを若い女性が相手してくれるのだろうか。

そんな不安を抱きながら週末を迎えた。