38歳 僕の婚活日誌

35歳以上で将来的に結婚できる人は1%と言われる中で、38歳の男は婚活を成功させることができるのか。活動期限は1年。崖っぷち婚活記

スポンサー リンク

ファーストコンタクトのベストな服装とは?

何人からかファーストコンタクトの服装について質問を受けたので、今回は婚活記から離れて、それについて話そう。

自分もファーストコンタクトの服装が心配だったので、パートーナエージェントに入会する時に担当コンシェルジュに服装について質問した。この時の回答は、男性の皆さんはスーツで行っているとのことだった。

そのため、自分はファーストコンタクトはスーツで行くことが多かった。

スーツの長所は、

  • かしこまって見える
  • 本気度を相手に見せられる
  • 無難

などである。

一番の長所は無難のところだ。婚活記でも書いたけど、ファーストコンタクトでは、2回目に繋げるために、いかに失点しないかが重要である。そのため、無難なことが一番かもしれない。

ただ、ファーストコンタクトでお会いした女性に話を聞くと、スーツで来る人は多くはないらしい。他の男性の活動はなかなか分からないのだが、もしかするも、結構、私服で臨む男性が多いのかもしれない。

しかしながら、そのような情報があったとしても、自分はできるだけスーツにした。もちろん、ファーストコンタクトの後に用事があったり、他の方と2回目のデートがある場合はスーツでなく私服(私服と言っても、本当にカジュアルなものではなく、ビジネスカジュアルぐらいのレベル感)にしたが、基本的にはスーツを選んだ。

それは、スーツを着て行くことで相手に自分の婚活への本気度が伝わるのではないかと思ったからだ。

こういうことが、プラスに働いたのかどうかは分からないが、入会して三ヶ月後のコンシェルジュとの面談で聞いた話によると、ファーストコンタクトをした8割ぐらいの方から「YES」回答をもらえていた。

最終的には1人とお付き合いするので、多くの「YES」をもらっても仕方がないが、可能性を広げるという点で、スーツが役に立ったのかもしれない。